森下 京子さんの医療事務資格体験談

経験者の声

森下 京子さんの
医療事務資格取得体験
医療事務資格取得の方法:スクールなど通学

森下 京子さんが医療事務を目指した理由及びその受講形態を選んだ理由


主人の転勤で引越することになり、新しい土地に知り合いもつても何もございませんでしたので、仕事を探す近道として医療事務を選びました。

元々受付をやりたいと漠然とした希望がありましたので、病院で働ける事は当時の私としては理想としていました。

学び方は通信と通学とございましたが、医療事務の資格をとった事のある先輩に聞いたり、お友達もいなかったのでお友達作りも兼ねて

誰かと一緒に学びたいという思いで通学を希望しました。先輩からは通信は個人によっては続かない可能性も否定できないので、

時間かけて通学する事によって学校の延長だったり、解らない事は直接先生に質問できるので、わからない事をそのままにすることもなくなるだろうとの

アドバイスでした。


おしえて!

ご自身の体験から
医療事務のレッスンを受講して感じたメリット、デメリットを詳しく教えてください!

きょうこ
メリットとしては年齢幅のあるお友達ができた事、勉強で解らない事は直接先生に質問だきたり、一緒に学んでいる友達に聞けたりと短期間ではありましたが懐かしい学生生活を味わう事ができました。それと何かを勉強する、新しい事にトライして手に入れた時の達成感を久しぶりに感じました。デメリットとしては通学場所が車で片道40分程かかりましたので、行く前のモチベーションを上げるのに毎回苦労をしました。天気などによってやる気がそがれていく感じがわかりますので、絶対にこの資格を取るという高い意識が必要だと強く思いました。とはいっても資格取得した時は達成感いっぱいでみんなと改めて集まって喜びあいました。私は通学を選んで間違いなかったと思います。
おしえて!

将来的に医療事務資格を生かしてどう活動していきたいかを教えてください!
きょうこ
資格を取得したからには、できるだけ長く医療事務系の仕事に携わりたいと思っています。以前短期ですがその資格で病院の受付をしましたが、現場に慣れるまではそれなりの大変さはありますが、勉強したかいがあったと心の底から思います。その後は転勤などを繰り返しましたので、時々単発の医療事務のお仕事を頂けたりとありますので、もっと本来なら腰を据えて長く働きたいと考えています。そしてそれが可能な職種だと思っています。勿論仕事につくにも有利な資格だと思いますが、勉強していて損はないなと思っています。これから先、まだまだ社会は変わっていきますので勉強したものプラスアルファーの資格取得を目指して、生涯医療系の仕事で活躍したいと思っています。