篠崎 杏さんの医療事務資格体験談

経験者の声

篠崎 杏さんの
医療事務資格取得体験
医療事務資格取得の方法:スクールなど通学

篠崎 杏さんが医療事務を目指した理由及びその受講形態を選んだ理由


医療事務を志望した理由は、まず、病院というものはどんな時代にも必ず必要とされる場所であるからです。

それに伴い、医療事務の資格を取得していれば、有望な職種に就くことができます。

いわば、世の中に必要とされる人間として、活躍ができるのです。

受講形態を選んだ理由については、医療事務という仕事は、パソコン操作などの事務的な仕事ばかりでなく、受付や電話での患者さまとのコミュニケーションをしっかりと取ることが重視されています。

通信講座で医療事務のイロハを学ぶことも充分可能です。

しかし、講師の方や受講生の方々とコミュニケーションを取りながら、医療を通しての人とのつながり方を学び、資格取得に準じたいと思い、スクールを選びました。


おしえて!

ご自身の体験から
医療事務のレッスンを受講して感じたメリット、デメリットを詳しく教えてください!

あん
現在はまだ興味を持っている段階ですので、受講経験はありません。

スクールでの受講を選び、イメージするメリットとして、教えてくれる講師の方の顔が見えることにより、実際に医療事務として働くことをイメージしやすいのではないかと思います。

本やDVDでは知ることができないちょっとしたコツや、指導に回る方だからこそ語れる失敗談など、生の情報を交えながら、自身が医療事務としてどのようになりたいか考えることができるのではないかと思います。

デメリットとしては、スクールに通うとなると受講料ばかりでなく、交通費を負担する必要があることが言えます。

また、空いた時間に勉強できるという訳ではないため、スケジュール調整をする必要があることではないでしょうか。

おしえて!

将来的に医療事務資格を生かしてどう活動していきたいかを教えてください!
あん
医療事務は書類やパソコンと向き合う仕事だけではなく、人と接することが多いサービス業だと考えております。

患者さまの体や心のケアのお手伝いをする仕事というのは、おそらく正解は何かという答えはないと思います。

だからこそ、いついかなるときにもやりがいを感じるのではないかと思います。

私は医療事務という仕事を通して、不安や痛みを感じる患者さまの気持ちに寄り添い、辛い現状を我慢する必要はないということを伝え、会話を通してケアのお手伝いをしてあげられるような事務員になりたいと思っています。

さらに、多くの方々と触れ合っていく内に、コミュニケーションにおいて大切なことを発見し、自分自身も成長していけそうな気がします。