笠原 れいなさんの医療事務資格体験談

経験者の声

笠原 れいなさんの
医療事務資格取得体験
医療事務資格取得の方法:スクールなど通学

笠原 れいなさんが医療事務を目指した理由及びその受講形態を選んだ理由


資格というものを持たずに就職活動をしており、何か強みになるものが欲しかったからです。そのうえで、女性としてどこでも働ける資格とは何かを考えた時に、医療事務であれば病院や診療所などで働けると思いました。結婚をして夫が転勤族のため、病院や診療所はどこにでもあるし、女性の職場なので先輩方などのアドバイスを受けられたりして、働きやすいと思ったからです。通信ではなく通学にした理由は、通学だと通うということでやらなければならない使命感ができ、持続できるからと思ったからです。現に、かかさずに受講することができ、試験に向けても前向きに取り組むことができました。おそらく通信講座にしていたら、飽きてしまい途中であきらめていたと思います。


おしえて!

ご自身の体験から
医療事務のレッスンを受講して感じたメリット、デメリットを詳しく教えてください!

れいな
メリットは、自分と同じような人がいることを肌で感じることができました。年齢層も、自分より若い方からお年寄りの方まで様々で、みんなが自分の将来に向けて勉強している姿はとても勇気づけられました。就職情報も交換することができ、とても役立ちました。講師の方もわかりやすく授業を説明してくれて、また受講したいと思うような講座でした。試験の内容や傾向など、隅々まで教わることができ、試験当日は不安なことが何もなく取り組むことができました。デメリットは、医療事務の試験は教科書を持ち込んでよいものなので、誰でも受かりますと講師の方がおっしゃったことです。少しやる気がなくなりますし、資格を取ろうとしているのに、誰でも取れると言われてしまうとモチベーションが下がりました。
おしえて!

将来的に医療事務資格を生かしてどう活動していきたいかを教えてください!
れいな
今、医療事務の資格を持っています。しかし、経験がまだありません。医療事務の現状として、資格があっても経験がないと採用されないことがほとんどです。しかし、通学講座を受けたことで、その講座のおおもとの会社から派遣事業もやっています。派遣に登録して、最初はわからないことだらけでしょうが、地道に経験を積んで、どこの病院や診療所でも医療事務がこなせるエキスパートになりたいと思っています。病院にも、内科・外科・整形外科・心療内科などたくさんあります。それぞれの分野で扱う用語や薬が違うこともあると思います。それを吸収し、自分の力にしていきたいと思っています。いつか胸を張って、自信を持って、私は医療事務のスペシャリストと言えるように、まずは地道に頑張りたいと思います。