本田 綾女さんの医療事務資格体験談

経験者の声

本田 綾女さんの
医療事務資格取得体験
医療事務資格取得の方法:通信講座

本田 綾女さんが医療事務を目指した理由及びその受講形態を選んだ理由


資格を目指した一番の理由は、将来的に医療事務の需要が、今より増えるのではないかと思い希望しました。テレビCMや、雑誌での広告を見て、今自分に出来ることは一体なんなんだろう?と考えるようになりました。今自分に出来ることをすることによって、将来、自分の為だけでなく、家族や人の為になれたらこんなチャンスはないだろうと思いました。

通信での受講を希望した訳は、子供もまだ小さく、通うスタイルの学習は難しいからです。また、時間に縛られることなく、家事の合間などに出来る点も魅力でした。忙しい時には10分程度、時間が取れる時には1時間など、様々なスタイルを選択できるというところがとても良いなと思いました。

本番の試験も自宅で受けられるという点が最大の魅力でした。


おしえて!

ご自身の体験から
医療事務のレッスンを受講して感じたメリット、デメリットを詳しく教えてください!

あやめ
メリットとしては、時間を有意義に使えるというところです。家事や子育ての合間に出来るところがとても嬉しいです。自宅で試験ができるところは一番の魅力です。万が一落ちても、期間中は、何度も試験を受けることが出来るというところもいいです。動画での学習やミニテストなどがスマートフォンで気軽にできるのもいいです。わからないことがあったら質問できます。スケジュールも何度も組み直しができたり、自動で組んでくれたりとあまり、手間がかからないように工夫がされていました。

デメリットとしては、添削課題などを提出する際に、どうしても別料金で送らなくてはいけないというところが、面倒だなと思いました。消費税も上がるので、更に負担になるところも悩みです。
おしえて!

将来的に医療事務資格を生かしてどう活動していきたいかを教えてください!
あやめ
将来的には、医療事務の資格を生かして、病院の窓口業務や、調剤薬局の事務などに役立てたいなと思います。

最初から大きな病院で働けたら光栄ですが、それでなくても、小さな病院や診療所などから始められたらと思います。窓口業務は患者さんが来られる場所なので、その立場になって分かりやすく説明をしたり、為になることを教えていけたらなお良いなと思います。

調剤薬局でも働いてみたいなと思います。これから先、高齢化が進む中、医療事務の立場がケアする立場になるような気がします。介護医療の現場でも活躍する機会も増えるかもしれません。そうなったときに、必要があれば介護の方でも頑張ってみたいと思います。誰かの役に立てる日を夢みて邁進して行きたいです。