岸田 さやかさんの医療事務資格体験談

経験者の声

岸田 さやかさんの
医療事務資格取得体験
医療事務資格取得の方法:通信講座

岸田 さやかさんが医療事務を目指した理由及びその受講形態を選んだ理由


学生の頃から医療の仕事に携わりたくて医療事務という仕事に興味がありました。
中々資格取得をできないまま、結婚出産して育児が少し落ち着いてきた頃に仕事復帰したいと思い、医療事務の通信講座の受講を決めました。
こどもがいるために学校に通うことは難しく、家でも勉強できる通信講座を選択しました。

医療事務の仕事は勤務形態が多く、子育てと両立をしながら仕事をしていけるのではないかと思いました。
また医療は人間にとって必要不可欠なものであり、高齢化社会において需要は増える一方であると考え、医療事務の仕事も今後増加傾向にあるのではないかと思いました。
人と接する仕事で、人の役に立ち、とてめたやり甲斐のある仕事ではないかと思います。


おしえて!

ご自身の体験から
医療事務のレッスンを受講して感じたメリット、デメリットを詳しく教えてください!

さやか
やはり通信講座を選択したことで、自分自身のやる気の問題が出てきました。家事や育児などをどうしても通信講座より優先してしまい、中々勉強が進まずに時間経ってしまいました。
一度離れてしまうと中々戻るのは難しく、手つかずのまま何日も放置してしまったこともあります。
やらなければいけないという使命感も薄れてしまい、このままやめてしまおうかと思ったこともあります。

しかし将来の目標をもう一度考え、そのためには資格取得が必須であることを再確認し、自分を奮い立たせました。
自分のペースで進められるのが通信講座の一番のメリットなので、マイペースに無理をせず受講して行きました。
1日1時間でも勉強する時間を決めて、少しずつでも前に進めて行きました。

おしえて!

将来的に医療事務資格を生かしてどう活動していきたいかを教えてください!
さやか
今まで一番お世話になったのは、自分のこどもが通っていた小児科であると思います。体の弱かったこどもを連れ、疲れた体で毎週のように通っていた小児科。
その時の受付の方々の気持ちの良い対応や、気遣いなどで救われました。病気を治すことはできなくても、心をリラックスさせることはできるのではないかと思います。

医療事務は病院の顔とも言えると思います。そして接客業であると思います。資格を取得して基本的なスキルを身につけて、患者さんに安心感を与えられるような仕事をしていきたいと思います。
できることなら自分がとても助けていただいた小児科での仕事をして、不安でいっぱいのこどもさんや親御さんの役に立てるようになりたいと思います。